たまごアーティスト 響co.の、つれづれメモ帳。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
【ドネーション-投げ銭システム-】のご案内

 

 

 

 

こんにちは。たまごアーティスト響co.です。

 

デザインフェスタvol.47にて、試験的に「ドネーションシステム」を取り入れ始めました。

 

簡単に言えば、個別リターン無しの「好きな作家への課金システム」「振り込めない詐欺の解消」といった感じです。

海外でいうチップ、路上ミュージシャンへの投げ銭と同義であると認識していただけるとわかり易いかと思います。

 

展示会やイベントに行くと、

 

「大好きな作家さんなのに、すっごく欲しいのに、価格帯に手が届かない…」

「差し入れもいいけど、作家さん本人・作品制作自体を応援したい」

「この空間、世界観、ステキだなぁ!!また見たいなぁ!!」

「今回は欲しいものがなかったけど、何かしらで応援したいなぁ」

 

そんな風に思い、後ろ髪引かれながら帰ることが多くありました。

 

 

ふと、先日とあるギャラリーさんの、ドネーションシステムの提案を目にしました。

「これなら!」と、自分なりに考えてみました。

 

 

このシステムがあれば、高額で買えない作家さんにでも、何かしらの応援ができる。

好きな作家さんを支援するために、自分からアクションができる。

 

昨今では、クラウドファウンディングやpixivFANBOXなど、作家への応援サービスが広がりつつあります。

ただ、そのリターンのために作家本人がプレッシャーを感じ、本来の制作に支障をきたしては本末転倒だとも思います。

(そういった声も多く聞きました。わたしもその一人です。)

ですので、「ドネーションしたから◯◯がもらえる」といったリターンは、申し訳ありませんがございません。。。

 

でも!

 

いつも「好きなのに買えない」「見るだけだった」「声をかける勇気もない」

 

というところから、直接的な「制作支援」という形をとることで、応援できる!

作家側は、頂いたお代金を全て制作・活動資金に充てることで、より積極的に作品を生み出せる。

そんなアクションです。

 

 

このアクションを起こすにあたり

もちろん自分も応援していただきたいですが、

わたし自身にも、「貢ぎたい!」「でも作品を買うお金はない!」「ああっ投げ銭したい!」「応援させて欲しいー!!」

と思っている作家さんがたくさんいるのです。

そういう作家さんがドネーションシステムを取り入れていたら、そっと小銭を握りしめて行きたいのです。

 

もちろん強制ではありませんし、お気持ち程度で良いのです。

10円、100円、ワンコインで十分なのです。

そのお気持ちで、資材がひとつ、絵の具がひとつ、筆が一本、買えるのです。

遠征費やホテル代、交通費にあてがうことができるのです。

わずかなお金で、好きな作家さんの援助になるのです。

 

 

ぜひ、作家を応援するアクションを広げていきませんか。

 

個人的にこういう活動をしている方はあまりお見かけしません。

でも、まずは行動してみようと思います。

 

繰り返しますが、決して強制ではございません。

「あっドネーションしてる。この世界観好きだし、ちょっと応援しよっと」

そんな軽い感じに、考えていただければ幸いです。

 

投げ銭でなく、お手紙を入れてくださっても大歓迎です!

お手紙も入れらるように致しますので、作品へのご感想など、入れて頂けるととても嬉しいです。

 

 

もちろん、1番1番1番!!!嬉しいのは、作品をお迎え頂くことです!!

でも、手が届かない時に。

応援するすべがなく悔しい時に。

この世界好きー!!続けて欲しいー!!また見たいー!!

そんな気持ちの時に。 そんなご提案です。

 

 

伝わるかな?理解してもらえるかな??

と、長くなってしまいました。

このアクションにご賛同頂ける方、ぜひご協力いただければ幸いでございます。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

****************************
たまごアーティスト響co. 公式サイト
http://whitefragment.xxxxxxxx.jp

twitter
@kyooco_t
http://twitter.com/kyooco_t

Instagram
Instagram そらのかけら

 

Creema

https://www.creema.jp/c/w-fragment

 

作品メンテナンス・修復について

http://innocence-of.jugem.jp/?eid=59

 

 

 

 

 

活動情報 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>